このたびはご愁傷様です…

91 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/12/10(水) 21:05:13 ID:qHJxnpaE
数年前の話。

父がガンで亡くなった。
病院から家につれて帰り、次の日の朝に葬儀場に連れて行くことになり、
その日は居間で家族(母・姉・私)とすごした。
近所の人や仕事仲間とかが尋ねてくるのでその日のお昼間は鍵を開けっ放しにしていたんですが、
そしたらチャイムがなって、知らないオッサンが勝手にドアを開けて入ってきた。

「このたびはご愁傷様です…」と挨拶されたので、
父の知り合いだろうと思って居間にお通ししたら、
その人、香典返しのセールスマンだった…
仏さんの前でパンフレット並べだしやがった。
2Fでくつろいでた叔父が降りてきてたたき出した。

それから一週間後。
ずうずうしくも電話してきやがった。
「香典返し決まりましか?」だってさ。
「親族がギフト関係の業者なのでそこに頼むからいいです」(本当です)と断ったら、
「実は僕も、あなたのお隣の◎◎さんの遠い親族で…」
とか訳の分からない事を言い出したので速攻ガチャ切り。
フランチャイズのギフトショップの加盟店なので本部にクレーム入れといた。

今にして思えば、表札見れば父が死んで女ばっかり残されたのが丸分かりだったから、相当なめられてたんだろうなぁ。
97 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/12/11(木) 08:22:53 ID:rcsA76Z8
>>91
それうちにもきた
父がしんだとき。ことわってからみんなで検討しよそで頼んだ。
たぶん病院がしらせてるんじゃないかな。うちは兄や弟もいたから、
女性だけの所帯かどうかは無関係では?

Comment

コメントはありません

ランダム記事



他サイトおすすめ記事

サイト情報

最新記事

最近の人気記事

月別アーカイブ

リンク

Amazon新刊・予約コミックランキング

携帯サイト


いらつく@2ちゃんねるは是非携帯サイトで!


ツイッターで更新情報をつぶやいてます

RSSリンクの表示

逆アクセスランキング

テスト
Copyright © いらつく@2ちゃんねる