もうお茶やらないなら、道具一式譲ってくれないかしら?

410 名前:[] 投稿日:2008/08/23(土) 22:39:05 ID:TJ3O08tO
長文になるので分けて投下します。

長い間つづけていた茶道の稽古を 来年地方に進学する予定のため、やめることにした。
で、先生が「○○(私)ちゃんを送る会をしましょう」と、お茶会をひらいてくれた。
親しい友人や可愛がってくれたお兄さんお姉さんなどが集まってくれたのだが、
その中に一人だけニ・三度稽古で一緒だっただけの子(仮に△子)がいた。
最初ちょっと不思議に思ったものの、とても親しげにお話してくれたので、特に気にせずお茶会を楽しんだ。
しかし、ひとしきり談笑しておひらきになり、思い出に浸りながら帰ろうとしたとき、事件は起こった。

「あらぁ、あなたが○○ちゃんね?」
やけになれなれしく、見知らぬおばさんが話しかけてきた。話してみると、どうやら△子の母親らしい。
「お茶、やめちゃうのね。△子から聞いたけど、県外の大学に行くんですってね?」
「はぁ…」
その場に流れた雰囲気で、「まさか…」と思ったが、△子母は予想通りこう言った。
「ねえ、もうお茶やらないなら、道具一式譲ってくれないかしら?」
413 名前:[sage] 投稿日:2008/08/23(土) 22:59:24 ID:TJ3O08tO
sage忘れごめんなさい…。続きです。

確かに茶碗等一通りの道具は持っていたが、
進学後もサークル活動などで茶道を続けるつもりだったし、
道具は祖父母が「孫のために」と買ってくれた、そこそこ値の張るもの。
長年使ってきたものなので思い入れもあり、譲れるものではない。
とりあえず事を荒立てぬよう「私一人では決めかねますので〜…」と逃げようとした。
…が、腕を掴まれた。
そしておばさん、いきなり怒鳴って曰く、
「貴女、それくらい一人で決められる歳でしょう?
 それにウチの△子は茶道の先生になるの、貴女みたいに道楽でやってるのとは訳がちがうのよ!
 その△子が家で練習するのに道具が欲しいって言ってるの!分かったら茶碗ぐらいよこしなさいよ!
 そんなものの一つや二つ、譲ったって大した損じゃないでしょ!」
…とのこと。
あまりに理不尽な言い分にしばし呆然としていたが、だんだんと怒りがこみ上げ、
「お茶の道具を『そんなもの』なんて言う人に譲る道具はありません。」
と言って帰ってきた。
今日のことなのだが、ムカムカしてしょうがない。
418 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/23(土) 23:16:39 ID:8pOvcYlF
>>410
よく言った!
厚かましい母子には百均の茶碗でも勿体ない位だ。
ババァの娘もお茶を習う資格ねぇな。
品位のかけらもないゲス共だな、物乞い親子w
428 名前:410[sage] 投稿日:2008/08/24(日) 06:32:35 ID:72F3SyOu
>>410です。
レス見てだいぶ冷静になれました。有り難うございます。
とりあえず今日、先生にこっそり連絡しに行きます。
△子は隣学区であまり関わりがなく、住所も電話番号も知られてないから、
自宅に突撃される等の心配はないと思うのですが…。一応用心したいと思います。

Comment

コメントはありません

ランダム記事



他サイトおすすめ記事

サイト情報

最新記事

最近の人気記事

月別アーカイブ

リンク

Amazon Blu-ray Disc 売り上げランキング

携帯サイト


いらつく@2ちゃんねるは是非携帯サイトで!


ツイッターで更新情報をつぶやいてます

RSSリンクの表示

逆アクセスランキング

テスト
Copyright © いらつく@2ちゃんねる