え〜、僕も欲しかったのに!

302 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/18(月) 00:35:50 ID:ruUtLyk3
盆で、親戚一同が集まったとき。
テーブルの上の饅頭が残り一個だったため、食べて良いか
皆に聞いたらその場にいた全員が快く「どうぞ」。
しかし包みをはがしてまさにかじりつこうとしたその時、
「どうぞ」と言ってくれたはずの5歳になる遠縁の子供が
「え〜、僕も欲しかったのに!」とぐずり始めた。
皆の「大人なんだから譲れ」という視線の痛さに耐えかねて
「次からは欲しかったら最初に言おうね」とたしなめつつ譲った。
すると、この子供は自分では食べず隣室にいた母親にあげた。
この様子を見ていた親戚の人は「食べたかったであろう
たった1つの饅頭を母親にあげた優しい子」と皆誉めていたが、
子供特有の汚い手を使ったのは正直いただけない。
将来が思いやられる。

Comment

コメントはありません

ランダム記事



他サイトおすすめ記事

サイト情報

最新記事

最近の人気記事

月別アーカイブ

リンク

携帯サイト


いらつく@2ちゃんねるは是非携帯サイトで!


ツイッターで更新情報をつぶやいてます

RSSリンクの表示

逆アクセスランキング

テスト
Copyright © いらつく@2ちゃんねる